私がとった妊娠線の予防方法

妊娠5ヶ月以降おなかが大きくなって妊娠線が気になる

妊娠中にはかなりつわりなどに苦労しましたが、後半にはかなり落ち着いてきて楽になったと思っていました。
しかし、5カ月以降おなかが急に大きくなってくると妊娠線が気になってくるようになっていました。
もともと情報誌などでこうした妊娠線があるという点については知ってはいたのですが、あまり対策をとっていなかったのです。
もともと肌が弱くてトラブルが表面化しやすかったということもありますし、赤くなった点が徐々に広がっていくのを見て、対策をとろうと思いました。
妊娠線の予防方法をいくつか調べて実行しました。
まず初めに取り組んだのが肌をマッサージすることです。

【妊娠線の予防方法】妊娠線ができてしまった失敗談と、予防に成功した体験談https://t.co/3dcihEtDGY
#子育てのミカタ #妊娠 #プレママ
妊娠線ができてしまったママと、できなかったママ。
違いは何だったのでしょうか?

— 子育てのミカタ編集部(公式)/子育て体験談が集まるWebメディア (@kosodate_mikata) November 11, 2020
肌が柔らかくなっていれば妊娠線も出にくいということを聞いたからです。
その際にクリームを使用しました。
普段スキンケアに使っているもので、特別なものではないのですが、滑りが良くなりマッサージしやすくなったので良かったと思います。
強くこするのではなく優しくすることを心掛けていました。
実際どれぐらい効果があったのか、比較していないのでわかりませんが、その後ものすごく妊娠線などが増えるということはなかったのである程度効果はあったはずです。
特によかったのがしっかり保湿をすることができたことではないかと考えています。

妊娠5ヶ月以降おなかが大きくなって妊娠線が気になる : 妊娠線予防のためクリームを使って保湿しつつマッサージ : 生活習慣を見直しおなかを支えるベルトも着用