私がとった妊娠線の予防方法

妊娠線予防のためクリームを使って保湿しつつマッサージ

妊娠5ヶ月以降おなかが大きくなって妊娠線が気になる : 妊娠線予防のためクリームを使って保湿しつつマッサージ : 生活習慣を見直しおなかを支えるベルトも着用

体の中でも腕や足などは乾燥を感じやすいですし、普段から保湿ケアをすることも多いのですが、おなかのあたりはそれほどケアをしていないこともあるので、その点からも妊娠線ができやすくなるのではないかと考えられます。
マッサージを通してクリームなどを塗りこんでいくことによって保湿がしっかりできるようになり、肌も健やかな状態を維持しやすかったのではないでしょうか。
また、肌の状態をよくすることが重要だと思い、またおなかの赤ちゃんのことも考えて根本的に生活習慣を見直すことにしました。
つわりが終わったあたりから食べ物をできるだけ意識して健康的にとるようにし、それまであまり好きではなかった野菜などについても積極的にとるようにしました。
こうしたこともある程度予防方法として効果があったのではないかと思います。
アレルギーなどもあるので、食べることで体の中の状態をどうよくしていくかということを考えてメニューを決めていきそれを続けることが対策です。
後はおなかを支えるベルトのようなものを購入し、動くときに着けていたということもあります。
動くときにはおなかの重さで皮膚が引っ張られることもあるので、そのダメージをできるだけ少なくしていくために、ベルトで支えられるようにしたのです。