私がとった妊娠線の予防方法

生活習慣を見直しおなかを支えるベルトも着用

歩くのも楽になりますし、肌へのダメージも少なくて済んだのでしょう。
小さなことですがこれは意外と大きかったのではないでしょうか。
積極的にとった対策としてはこれぐらいですが、ポイントは日々続けていくことだといえます。
体調がすぐれなかったり、忙しかったりするとスキンケアなどはうっかり忘れてしまいがちですが、やはりある程度意識して続けていくことが大切です。
多少出てしまった妊娠線は、出産後にしばらくそのままにしていたところ、赤みが引いていき白っぽくなり、目立ちにくくなりました。
今はそれほど気になることもありません。

もともと露出をする部分でもないので、気にならないのだと思いますが、必要以上に気にしないことも一つの対策といえるかもしれません。
できれば妊娠初期から妊娠線の予防方法について知っておき、実践していけばより効果が高くなるのかと考えています。
妊娠初期は非常に体調が悪く、忙しい日も多かったのでそこまで手が回りませんでしたが、多少できてしまったことにより、妊娠線ができる前からの対策ということ意識しておくのが良いのだと考えています。

妊娠5ヶ月以降おなかが大きくなって妊娠線が気になる : 妊娠線予防のためクリームを使って保湿しつつマッサージ : 生活習慣を見直しおなかを支えるベルトも着用

妊娠線の予防方法 / 妊娠線の予防時期